高森登志夫 の公式ウェブサイトにようこそ                  モダニズムから自然へ

    

 

                                                                 風景 芽吹く森  181.8 ×  60.6                2005

 

 


 

 

      

            《 2016年  日本橋三越個展  5月4日~5月10日 》        光 大気 大地 2016

 

       

  

                                               風景 梨沢 冬      100p

                                                 

                                            私はモダニズム志向の中で、身体と空間の関係を主題にした作品を描いていたが、

                およそ30年前自己のうちの自然的なものの力によって、モダニズム志向から離れた。

                93年、私は身近な自然を主題にして風景を描き始めた。

                私は幾度となく超越的ともいうべき風景に出会い、突き動かされ、描き続けている。

                風景は、自分がこの地上に存在している、「地上の風景」という意味を持つようになった。

                そして今、私はこの地上に条件づけられ限定されて生きているのだと考えている。

 

                                                    2016年5月

 

 

 


 

 

            

                  

             《 2013年 日本橋三越個展  3月27日~4月2日 》        光 大気 大地 2013

 

                                                

                                                                                                                                        風景 房総 芽吹き    50P

                   

                    植物は光を感知し、温度を感知して、

                    均衡を保つ精妙な世界を形成しているように見える。

                    では植物にとっての世界とは、どのようなものだろう。


                    1993年以来、私は自然を主題にして風景を描いてきた。

                    風景は自明な対象としてではなく、見ることの「関係」の内にある。

                    風景は刻々と変化し、時としてピークともいうべき姿が現れる。

                    この体験によって、わたしは風景の中に計りしれないものを感じている。


                                                  2013年3月

 

 

 


 

                            

                          《 2009年 日本橋三越個展  12月2日~8日 

 

 

      

 

                                                 風景 道志 夕  100×200          

 

 

               私は自然を主題にして風景を描いてきた。  

               風景に向き合うことで私は自然を体感している

               自然は複雑で多様であり、豊かで、計り知れない。

                風景は私の想像をはるかに超え、イメージに収まることはない。
  
               

               風景は迷宮だと思う。

               私はこの地上の風景に魅了され続けている。

 

 
                                                      2009年12月

 

 


 

                 


                            《 2005年 日本橋三越個展   5月10日~16日    

 

 

                                                                                                                               

                                                                                                                       風景    屋久島   10P

 

                                         1974年,紀伊国屋画廊で第1回個展を開いて以来 、約10年間、私は「身体と空間の関係」を主題にした作品を、

                筆触を消したモノクロームで描いていました。 その舞台は室内や都市空間でした。

                一方で1980年に植物の絵本を描いて以来、野山を歩く機会が出来、少しずつ自然に対する経験が蓄積されて  

                ゆきました。 この頃公害の問題がニュースで盛んに取り上げられていて、このことは強い印象となって残りました。

                84年、内的な変化によって起きた強い力によって私はモノクロームの作品に終止符を打ちました。 

                その後数年にわたって、樹木や風といった自然的なものを主題にした作品を試みていました。                                         
                                                                                                                                                                                                                                                

                 93年2月大福山から何層にも重なる山並みと、固有の色彩を持つ無数の樹木を見、私は初めて風景の複雑
  
                さと豊かさを実感しました。 

                それは風景の上を通り過ぎていた視線が風景に達し、風景が自分の中に入ってくると言えるような経験でし た。

                以後房総半島を縦横に走りながら描き続け、そのなかで幾度となく、超越的ともいえる風景、静謐さの中に
 
                 圧倒的な充溢をたたえた風景に出合ってきました。この経験によって自然は私の中の「基準」となりました。

  
                 この間に、幾つもの谷がゴミで埋め尽くされ、無残に自然が破壊されていく様を見てきました。             

                これは房総の水源地域で今なお進行中です。

                30数年前PCBやカドミウムなどの公害問題として現れてきた問題はいまや地球全体の環境問題となり、ここ数年

                 の気候は何かがおかしいと実感できるようにまでなってきました。

                我々はどこに向かっているのか、という根本的な問題があるのだと思います。


                数年前から房総半島のほかに、道志、熊野、屋久島、などを見てきましたが、それはまだ始まったかりであり、

                まだ描くに至っていない多くの風景のイメージが存在しています。

                また風景は見るたびに新しく、そのイメージは更新されます。

                私は今、「自然」をもっとも根源的なものだと考えています。

                               
                                                                    
                                                                                                                     2005年5月  

 

 

 

 


                                            

                                《 2002年 日本橋三越 個展 》          循環する風景        

                          

          

                       

                  風景はなんと多様な表情を見せることだろう。

                  ひとつの場所がただ複雑でしかし単調な表情から、時には、なにかとてつもないものの表れとしか言いようのない、

                  想像をはるかに超えた風景へと変貌する。

                  過去から現在を超えて未来へと続いていくであろう自然。

                  見ることのうちにすべてがあると思える瞬間がある。

                  私は絵画によってそういうものに迫りたいと思っています。

                                                     

 

                  2002年2月

 

 

 



 

                         《1999年 日本橋三越個展   原風景・房総 》

 

 

                                                                                                                     樹影          20F        1999                  


 

                 20世紀の急激な技術革新がもたらした大量消費社会は、百年を待たずして、さまざまな破綻が露呈してしまった。

                 今や房総の中央部にまでそのしわ寄せがせまっている。

                 我々はどこに向かっているのだろう。今世紀の最も支配的だった思想は、自然を細分化し、変形し、作り変えようと

                 したが、自然は人間に征服されつくすことはけっしてないだろう。

                 どこか周辺的な所に追いやられてしまった自然、細分化されず身体的に感知できる全体としての自然に、我々は

                 再び向き合わねばならないと思う。

                                 
                                                                       
                                                                                                   1999年10月 

 

 

 


         
 

                        《 1997年 日本橋三越三人展 》

 

 

                  エアブラッシを使ってモノクロームの絵を描いていた1984年ごろまで、私のテーマは自分を取りまく空間を表現

                 する事で、その舞台は人工的な都市空間でした。

                 今、私は自分を含んだ全体としての自然をテーマにしてゆきたいと考えています。
 

                                                     1997年10月   

                    

 




                                                                                                                    © Takamori Tosio